ウォーターサーバーを使うと非常時の水を確保できる

ウォーターサーバーの活用方法

ウォーターサーバーの活用方法は、給水装置を設置して10L程度のミネラルウォーターの入ったボトルをセットし、その装置から水を供給します。ボトルはユーザーが毎月の必要な量を業者に指定して定期配送をしてもらうのです。したがって、断水や水道管の凍結により水が確保できないときには、最低限必要な飲料や食料のための水として活用することができるのです。また、給水装置にはフィルターや殺菌機能があるため、長期保存に対しても安心して使うことが可能となります。故障の際のメンテナンスも業者がサポートしてくれるので維持管理も問題ありません。非常用に十分な水の量を確保したいときは、おおめにボトルを発注することで自宅の倉庫などに保管することも可能です。

温水の利用も可能です

ウォーターサーバーの給水装置には温水にも対応することができます。ミルクのようなぬるま湯やカップラーメンに利用する熱湯に近い温度を設定することが可能です。したがって、停電やガスが使えなくなった際には一時的に温水を確保することができ、保温ボトルに移すなど工夫することでしばらく温水を使った調理や飲料に対応することができるのです。電気があれば、いつでもすぐに設定した温度の水を利用することが可能なため便利です。子供がいたずらをしてやけどをしないようにチャイルドロック機構も搭載されているので安心して設置できます。給水装置によって温度設定や安全装置などの機能が異なるため、導入時は比較検討とすることがポイントです。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに利用するメリットとしては、お湯を沸かす必要がなくなります。また、70度ほどに温度を設定できればサーバーならミルクを冷ます時間も短くなります。