水道水とウォーターサーバーの違い

水道水ならではの含有成分

世の中には、自宅に設置されている蛇口を捻った時に出てくる水道水とウォーターサーバーの水を同じ物と認識している人も少なくありません。一見同じように見えて実際は異なる点が多く、中でも大きなポイントとして挙げられるのが含有成分です。水道水には、カルシウムやナトリウムといったウォーターサーバーにも含まれている成分とは別に、塩素やトリハロメタンなども含まれています。水道水の元となる川や湖の水は細菌などの問題で直接飲むことができません。安全に飲むために浄水器などで一度殺菌する作業が必要となり、この時に使用されるのが塩素、トリハロメタンなどの成分になります。水道水を飲んだ時にウォーターサーバーにはない独特の香りがするのはこれが理由です。

ウォーターサーバーを導入するメリット

自宅やオフィスなどでウォーターサーバーを導入するメリットの一つに手軽さがあります。需要の増加に伴って様々なサーバーが作られ始めていて、中には冷水と温水をどちらも楽しめる物も少なくありません。水道水では温かい飲み物を作るために沸騰させる手間が掛かってしまうのに対して、ウォーターサーバーは瞬時に作ることができます。冷水に関しても、独特のカルキの匂いが気になって水道水をそのまま飲むことに抵抗を感じる人も多いのが実情です。その点、ウォーターサーバーは元々塩素が使用されていないので安心して飲むことができます。これにより、塩素が原因で肌荒れを起こしてしまうといったトラブルも心配ありません。小さいお子さんでも安心して飲ませられるのは、サーバーを導入する大きな魅力と言えます。

水のサーバーは、ボトルカートリッジを本体てっぺんに設置するデザイン以外にも、足元の扉を開いて引き出し交換する、女性やお年寄りに優しいデザインも人気です。