ウォーターサーバーは温度調節ができる

赤ちゃんのいる家庭では温度調整が重要

ウォーターサーバーで温度調整ができると赤ちゃんのミルクを作るのが簡単になります。赤ちゃんのミルクを作るときに手間がかかるのが温度調整です。赤ちゃんが飲みやすい温度に調整できなくて、冷めるまで待つしかないなどの経験をしている人は多いかもしれません。しかし、ウォーターサーバーで70度程度に温度調整ができると簡単です。約70度まで水を温めることで殺菌作用は十分ですし、さらに水を加えることで赤ちゃんが飲みやすい温度のミルクを作ることができます。やかんなんどで沸騰させてしまうと熱くなりすぎて、冷ますのに時間がかかります。100度になってしまうと微妙な温度調整が難しく、赤ちゃんが飲んでくれるミルクを作るのに時間がかかることになるでしょう。

温度調整ができるとコーヒーがすぐ飲める

温度調整ができるとコーヒーをすぐに飲めるお湯を出すこともできます。コーヒーを入れるためにポットやケトルでお湯を沸かしたりするのが面倒だと感じる人も多いでしょう。ウォーターサーバーであれば、お湯を沸かすという手間が必要ありません。また、温度調整ができるとインスタントコーヒーを美味しくいれることも可能です。インスタントコーヒーは90度程度のお湯で溶かすのが美味しいとされています。ポットやケトルでは沸騰してしまうので、90度よりも高い温度になってしまうでしょう。沸騰したあとに90度になるのを待つことはできますが、温度計がないため正確には計れません。ウォーターサーバーであれば90度に設定することが可能であれば、美味しいインスタントコーヒーをすぐ飲むことができるのです。

水は日常的に飲むものですが、1Lのペットボトルを購入するのも重くて負担になることがあります。宅配水であれば、自宅やオフィスなどに直接美味しい水が届き手軽に水を飲むことができます。